【窃盗の示談に強い弁護士】岐阜県岐阜市の空き巣事件で逮捕には

2017-09-24

【窃盗の示談に強い弁護士】岐阜県岐阜市の空き巣事件で逮捕には

Aは、岐阜県岐阜市にある民家で空き巣に入り、現金等を盗んだが、岐阜県岐阜中警察署の警察官に、窃盗罪の容疑で逮捕された。
Aの家族は、不起訴処分や軽い処分でAの空き巣事件を終わらせることはできないかと考え、示談交渉に強い、刑事事件専門の法律事務所に相談することにした。
(フィクションです)

~窃盗と示談~

窃盗罪は、「10年以下の懲役または50万円以下の罰金」になる可能性のある犯罪です。
空き巣で起訴され、正式裁判となった場合の量刑では、懲役1年~2年の判決が出て、初犯であれば執行猶予が付くケースが多いようです。

被疑者を起訴するか、不起訴処分にするかを判断するのは、検察官です。
検察官が起訴・不起訴を判断するとき、その犯罪の重大性や、被害額の大小はもちろん考慮しますが、被害者の処罰感情の強さによっても大きく左右されます。
そのため、窃盗罪のように、被害者が存在する犯罪では、被害者への対応が、不起訴処分を得るために有効です。
窃盗罪の弁護活動で考えられる被害者対応としては、謝罪や被害弁償、示談の締結、被害届の取下げ、宥恕する旨の嘆願者の提出等が挙げられます。

被害者対応は、有効ではありますが、窃盗事件の場合、被害者の処罰感情が強いときは謝罪や被害弁償を受け入れていただくことができません。
また、大手のチェーン店では、対応が本社で決められており、示談交渉に応じていただけないこともあります。

弊所がこれまで取り扱った事件の中にも、被害者対応が難しいケースはありましたが、弁護士が粘り強く交渉することで、被害者示談の締結に成功しました。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件を専門に取り扱っているため、示談等の被害者対応の経験も豊富です。
窃盗事件や、示談等の被害者対応でお困りの方は、ぜひご相談ください。
(岐阜県岐阜中警察署までの初回接見費用 38,900円)

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.