窃盗加害者のご家族の方へ

窃盗加害者の家族の方へある日突然、あなたの妻,夫、子供,父親,母親といった家族が窃盗事件の加害者になってしまったら,これから起こりうる事態を想像して不安になると思います。
ただ,窃盗事件の加害者の家族になってしまった以上、心配や不安になって悩んでいるだけでは問題は解決しません。
 
窃盗事件で大切な家族が逮捕されている場合,逮捕された本人は身体を拘束されて動くことはできません。
窃盗事件を起こして逮捕・勾留されている本人に代わって家族が行動しなければならなくなります。
しかし,何の情報もなしにやみくもに動くことは困難ですしリスクも伴います。
とはいえ,窃盗事件で逮捕・勾留された場合,逮捕段階については基本的に家族であっても身体拘束されている本人に会うことはできません。
勾留段階においても、家族の面会は時間・回数・会話内容の制限があり、裁判所から接見禁止という条件が付されると家族と逮捕・勾留されている本人との面会は禁止されます。

このような場合に制限なく本人に会えるのは弁護士しかいないのです。
あなたの家族が窃盗事件の加害者となってしまったら,信頼できる弁護士を依頼し,弁護士を通じて事件について適切な情報を入手することが何より大切です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,窃盗事件を起こしってしまった本人からの情報を一刻も早く,ご家族に伝えるため,弁護士を警察署などの留置場に派遣する初回接見サービスを行っております。
 
家族が窃盗事件を起こしたものの逮捕されていない場合でも,今後の窃盗事件の刑事手続、窃盗事件の最終的な刑事処分、加害者本人や家族のとるべき窃盗事件への対処方法等について適切な情報を収集し,迅速に行動することが窃盗事件の早期解決につながります。
窃盗事件に関する悩み事は、窃盗事件を起こした本人だけでなく,加害者の家族も同じです。
このような場合に有効なのは,窃盗事件に詳しい弁護士に事件のことを話したうえで今後のことについて法的アドバイスを貰うことです。
窃盗事件の経験と解決実績が豊富な弁護士からの窃盗事件に関する法的アドバイスをもとに、本人と家族が取るべき対応行動・対処方法を明確にして、今後の処分に備えることが重要です。

窃盗事件による刑事手続を乗り切る為には、窃盗事件を起こしてしまった加害者本人の対応だけでなく,家族の協力も重要になってきます。
加害者の家族になってしまった場合、窃盗事件に詳しい弁護士を通じて、適切な情報を収集し,迅速に行動することが早期解決の重要なポイントなのです。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.