東京都足立区で窃盗事件になりそう…刑事事件に強い弁護士のメリットとは?

2017-09-22

東京都足立区で窃盗事件になりそう…刑事事件に強い弁護士のメリットとは?

東京都足立区に住んでいるAさんは、Vさんから、「警視庁西新井警察署窃盗の被害届を出す」と言われています。
Aさんは、このままでは窃盗事件の被疑者として取調べを受けたり、逮捕されたりしてしまうかもしれないと不安になり、刑事事件に強い弁護士に相談してみることにしました。
Aさんは、そこで、弁護士をつけるメリットについて、弁護士から直接詳しい説明を聞くことができました。
(※この事例はフィクションです。)

~弁護士をつけるメリットについて~

刑事事件はスピードが命であり、早期に弁護士をつけて弁護活動を行うことが重要となります。

上記事例の場合、Vさんからの被害届はまだ警察署に出されていないようです。
この段階で弁護士を付ければ、被害届を出さないよう、被害者の方と交渉し、事件化を阻止する活動を行ってもらうこともできるでしょう。
事件化されなければ、その件で警察から取調べを受けたり、逮捕されたりする心配もなくなります。

さらに、被害届が出されてしまった場合、Aさんは、窃盗事件の容疑者として捜査機関から取調べを受けることになると思われますが、取調べを受ける前に弁護士から事前のアドバイスを受けることが有効です。
捜査機関の取調べは、自白獲得目的でなされるものも多く、自分の記憶と異なる内容の発言は後の裁判で不利になることが多いからです。
弁護士から助言や見通しについて事前に聞いておくことで、無理に不利な発言をさせられたりすることを防ぐことが可能です。

もちろん、被害者との示談交渉を行う際にも弁護士を付けることのメリットが発揮されます。
特に財産犯事件では、被害弁償及び示談交渉締結の有無が、検察官の起訴不起訴の判断に大きな影響を与えることが多いです。
しかし、事件の当事者である被疑者と被害者の間には、事件の認識や被害感情のもつれから、示談交渉が上手くいかないことも多々あります。
そこで、被害者の気持ちを汲み取りつつ、被疑者の謝罪を伝える第三者として、弁護士示談交渉に介入しその手助けをすることは、示談交渉の成功にもつながります。
捜査機関も、被疑者に弁護士がついていることで、事件や被害者についての情報を提供してくれることもあります。

窃盗事件について弁護士をつけるかどうか迷っている方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
弊所では、初回無料法律相談も行っていますので、弁護士から詳しい話を聞いてから考えることもできます。
警視庁西新井警察署 初回接見費用:3万8,800円

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.