(東京都の窃盗事件に強い弁護士)自販機ねらいの事件で逮捕されたら…

2017-05-27

(東京都の窃盗事件に強い弁護士)自販機ねらいの事件で逮捕されたら…

お金に困っていたAさんは、東京都江戸川区内にある自販機の開閉部分を壊して、商品や売上金を盗んでいました。
しかし、ついに現場を目撃され、警視庁小松川警察署の警察官に、窃盗罪などの容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんは、家族からの依頼で接見にきた弁護士に、これからどうすべきか相談しました。
(※この事例はフィクションです。)

・自販機ねらいの窃盗事件

自販機の開閉部分を壊すなどして、商品や売上金を盗めば、窃盗罪となります(窃盗罪のほかに、器物損壊罪などにもあたる可能性があります)。
こういった、自販機をねらった窃盗事件では、約4割の被疑者が逮捕されているそうです。
逮捕されれば、最大で3日間の身体拘束がなされ、さらに勾留がつけば、そこから最大で20日間の身体拘束がなされます。

したがって、自販機ねらいの窃盗を起こしてしまった場合、逮捕を回避するための活動や、逮捕・勾留からの釈放に向けた活動をしてもらうことが重要です。
逮捕等による身体拘束は、被疑者・被告人本人だけでなく、その周りの人たちにも大きな影響を及ぼします。
窃盗事件に強い弁護士に依頼することで、少しでもそのリスクを減らすための活動をしてもらうことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所ですから、自販機ねらいの窃盗事件のような場合でも、迅速な対応が可能です。
自販機ねらいの窃盗事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
今後の見通しから、逮捕等の身体拘束のリスクまで、相談者様・依頼者様の不安に答えます。
0120-631-881では、いつでも、初回無料法律相談のご予約・警視庁小松川警察署までの初回接見費用のご案内を受け付けています。
お気軽にお電話ください。

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.